今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

「ただめし」で人の縁結ぶ 客も働く「未来食堂」

 f:id:a-tabikarasu:20171019122715j:plain 21面/2017.10.1

「ただめし」で人の縁結ぶ 客も働く「未来食堂」/21面

 お客が店主と一緒に働く一風変わった定食店がサラリーマンや学生でにぎわう東京・神保町にある。店の名は「未来食堂」。50分働けば1食900円の定食がただになるほか、食べずに誰かに譲ることもできる。「人と人がつながる店」と評判が広がり、全国各地からお客が訪れている。 (花井康子)

50分手伝い 1食無料に
 コの字形をしたカウンターの10数席だけの小さな店は、平日の昼時となると、70人以上が訪れる。ランチメニューは日替わり1種類のみ。順番待ちの列から空いた席に着くと、わずか30秒で温かい定食がテーブルに置かれる。
 鮮やかな手つきの熟練した大勢のスタッフが働いているように感じるが、切り盛りするのは基本、店主の小林せかいさん(33)だけ。「まかない」という店独自の制度を利用して、昼食代を浮かしたい、料理を学びたいといったサラリーマンや学生、主婦らが小林さんを手伝うからだ。
 まかないとは、 一度来店すると、次回から皿洗いや配膳などの手伝いをすれば、お金を払わなくても定食を食べられるシステム。その日の状況に応じてまかない枠の数は決まるが、 1枠50分で、働いた枠の数だけ定食を食べる権利を得られる。調理は、事前に衛生検査を受けた人に限っている。自分で食べずに権利を「ただめし」として人に譲ることもできる。出入り口近くの壁には、数枚のただめし券が貼られており、時折、若手サラリーマンや失業中の人らが他の誰かが貼った券を手にする。
 東京都板橋区の主婦積田寛美さん(56)は、子ども向けの料理教室など食に関する催しを開きたいと、10回以上、まかないに通った。洗い物や炊飯のほか、定食の下ごしらえも任される。使わなかった券には、その日にやった内容を書き込んで壁に貼る。「私が下ごしらえをした食材が、別の人が働いているときに使われ、私が働いた分で誰かのおなかを満たすことができる」。相手の顔は直接見えないけれど、店を通じてつながっていると実感している。
 埼玉県草加市の元教員金谷裕一さん(28)は、飲食店開業を目指している。2枠まかないをして1食は自分で食べ、もう1食分はただめし券にした。「人と人との触れ合いを感じられる」と、店の魅力を話す。
 小林さんは元IT系企業のエンジエア。料理を同僚に振る舞ったところ好評で、飲食店開業という長年の夢への挑戦を決意した。1年半、複数の飲食店で修業し、開業にこぎつけ「来た人との縁が切れないように」と、まかないやただめしのシステムを考えた。
 開店2年でまかないをしに来た人は延べ500人以上。制度におもしろみや新たな可能性を感じて、東海や関西など他地域から来店する人も少なくない。 一見、まかないは店のボランティア活動のようにも見えるが、客はお金でなく時間と労働力という形で代金を払っている。ただめしも、まかないで得た権利が譲られているだけ。だから、店は毎月黒字だ。
 小林さんは「お金がない人も開業を目指す人もすべて受け入れる。人がつながり感動できるシステムで、その上で、もうけを出しているのでビジネスとして成立している」と話す。独自の制度でさまざまな人がつながり、未来が少し切り開かれる店。まかないは、その店の経営を支える力にもなっている。

連載/藤井聡太を生んだもの12 ふみもと教室6

 f:id:a-tabikarasu:20171019091337j:plain 6面/2017.10.19

藤井聡太を生んだもの12 岡村淳司/6面

ふみもと教室6 合宿で仲間と楽しく
 藤丼聡太(15)が通った愛知県瀬戸市の「ふみもと子供将棋教室」には、学校の春、夏、冬休みに合わせて年3回、大きなイベントがある。愛知県森林公園のアットホームなホテルで行う1泊2日の合宿だ。教室から数キロしか離れていない会場に赴く小さな旅。でも、子どもらにとっては胸を躍らせるひとときだ。
 スケジュールはこんな感じだ。初日の正午過ぎに教室に集合し、送迎バスで会場の「さもと館」へ。午後1時から3時間、大量のプリントでひたすら詰め将棋を解く。入浴と夕食を済ませ、同6時から「次の一手問題」など。簡単なレクリエーションで頭をほぐし、同10時ごろ大部屋で雑魚寝する。2日目は実戦が中心だ。朝食後、リーグ戦形式の早指し対局を10回ほどこなす。終われば屋外でサッカーやスイカ割りをし、昼食にカレーライス。最後にリーグ戦と詰め将棋の成績優秀者を表彰し、まる24時間の合宿が終わる。
 昔は2泊3日だったが、皆が疲れ切ってしまうので短くした。それを聞いた聡太は、「2泊3日でやって」としきりにせがんだという。聡太が幼稚園児の頃は外泊させるのが心配で、母の裕子(47)が夜なかに迎えに来た。「本人はずっと詰め将棋を解いていたみたいで『お母さん、もう頭が割れそう』って悲鳴を上げてました」と裕子は懐かしむ。
 充実した内容が好評で、教室外から参加する子もいた。後に女流棋士になる中澤沙耶(21)もその一人だ。早くから新聞に載っていた聡太は、同ホテルではすでに有名人。記事を切り抜いて皆で応援していた。経営者の成瀬茂行は、かわいい生徒らが来るのを毎度楽しみにしていたという。その茂行は今年5月、89歳で急逝。妻の静子(84)は「先生の指導が良いから、みんなすごく行儀が良くてね。自分の知らないこんな世界があるんだと思いました。主人は亡くなるまで現役で、聡太君の活躍を喜んでましたよ」と話す。
 普段の教室でも、終わりのあいさつをした後は皆でトランプやプロレスごっこをした。ヒット曲「明日があるさ」のメロディーに歌詞をつけた「教室の歌」を合唱したり、「僕と将棋」をテーマにした文集を作ったりもした。生徒たちは教室で真剣に将棋を学んだ。でも、時には無邪気に羽目を外し、ドタバタ騒ぎを繰り広げた。
 「いろいろなことをやらせて、結構ゆとりがある教室だったと思います」と文本力雄(62)。聡太はここで、かけがえのない仲間と楽しい思い出をたくさんつくったことだろう。集合写真の真ん中で浮かべる満面の笑みが、その証だ。(敬称略)

 

<ブログコメント>プロ棋士となってから、連勝記録で話題を集めた中学3年生の藤井聡太4段。その生い立ちを取材した記事が掲載されています。連載12回目で、幼稚園児のころから通った近所の「ふみもと子供将棋教室」の6回目。東京新聞の親会社は名古屋に本社がある中日新聞。名古屋近郊の瀬戸市に住む藤井聡太棋士への取材は得意とするところ、いわば地元ネタです。

 

 

作家に聞く/衆院選考 平野啓一郎さん

 f:id:a-tabikarasu:20171018084716j:plain 6面/2017.10.18

作家に聞く/衆院選考・下 平野啓一郎さん/6面

生活を変えるために
 まず言っておきたいのは、今回の解散には何の大義もないということです。前回(2014年)の衆院解散と同じく、政権の解散権の乱用です。安倍晋三首相は「国難」を理由にしていますが、少子高齢化なんて昔から分かりきった問題だし、北朝鮮問題が本当に危機的な状況なら解散なんてしている場合ではない。
 はっきりとこれは森友・加計(かけ)学園問題の疑惑から逃れるための解散です。今後も政府にやましいことがあるたびに解散するようなことを本当に許していいのか。それがまず選挙で問われるべきだと思います。
 野党も再編が進みましたが、そこに至る経緯はあまりにもお粗末でした。民進党の前原誠司代表が一杯食わされたのだとすれば、こんな人がかつて外務大臣を務め、外国と交渉していたというのは非常に怖い話です。
 ただ、ここ最近の選挙で、リベラル派はずっと退却戦を強いられ続けていました。民進党内に、自民党と同じかそれよりも右寄りの政治家がいることに、すっきりしない思いを抱える人も多かった。野党共闘が進み、立憲民主党ができて、リベラル派の踏ん張る足場ができたこと自体は、悲観すべきではないと思います。
 政策面の議論でいえば、やはり格差問題です。アベノミクスが成功していると主張するのは、(富める人が富めば貧しい人にも富がしたたり落ちるという)「トリクルダウン」の神話を信じている人だけ。格差がどれだけ広がっても、日銀が株価を買い支えてくれるならいいという考え方は間違いです。
 世界では発電方法や電気自動車など、あらゆる技術が前進している。その中で日本は原発に象徴されるように、非常に古く、反動的な政策を取り続けてきた。成長戦略が何もなかった。そこがアベノミクス失敗の最大の原因だと思います。
 新自由主義の時代になって以降、とにかく人間を労働力としてしか見ない議論が多すぎます。人間というのは労働力であると同時に消費者であり、さまざまな活動の主体です。その心身が健康でなければ、個人消費なんて伸びるわけがない。そう考えればおのずと、長時間労働規制などの取るべき政策が見えてくる。それが格差の是正や少子高齢化対策にもつながります。
 北朝鮮への政府の対応にも不信感があります。いったい何人の日本人が、あるいは韓国人や北朝鮮人が死ぬことを想定して、緊張をあおり続けているのか。
 もちろん北朝鮮は常軌を逸していると思います。とんでもない独裁体制で、国民の人権は蹂躙されています。しかし、今やらなければいけないのは緊張緩和のはずです。その上で、中長期的な話し合いをしていくという手順を踏むしかない。今の外交姿勢を見ていると、政権の支持率浮揚のためか、本当に戦争をしたいのか、その二つの理由しか思い付きません。

人生を見つめる
 今回の選挙は、政党が左から右までグラデーションになり、政策的に投票先がないという状況はなくなりました。それでも悩むという人は、自分の人生を見つめ、何がうまくいっていないのかを考えるところから始めてみてください。
 保育園に入れない、給料が上がらない、長時間労働に苦しんでいる…。それらは自己責任ではない。全部、社会制度の問題です。それを変えてくれる可能性のある政党を選んでほしい。「日本を変える」という大きなことより、自分の生活や人生を変えるために投票してほしいと思います。

<ひらの・けいいちろう> 1975年、愛知県生まれ。大学在学中の98年に「日蝕」でデビュー、同作で芥川賞。最新作『マチネの終わりに』で今年、渡辺淳一文学賞

「森友・加計」論戦どこへ 語らぬ首相

 f:id:a-tabikarasu:20171016090843j:plain 1面/2017.10.16

「森友・加計」論戦どこへ 語らぬ首相 批判の野党/1面

 今年の国会で最も議論となったテーマの一つは「森友学園」と「加計(かけ)学園」を巡る問題だ。公正で公平な行政が行われているのか、との疑念を持たれている。4年10ヵ月の安倍政治の一端として生まれたとも指摘されている問題について、衆院選で各党はどう語っているのか。 (金杉貴雄)

 安倍晋三首相(自民党総裁)は15日、北海道で街頭演説。岩見沢市では北朝鮮対応や幼児教育への投資を訴えたが、17分の演説中「森友・加計」に一度も触れなかった。
 衆院解散を表明した9月25日の記者会見では「国民から大きな不信を招いた」と認め、丁寧に説明する考えに「変わりはない」と明言した。
 この問題について、世論調査では約8割が納得していないと回答。首相も衆院選公示直前に「選挙が終われば、終わるものだとは思っていない。求められれば、誠意を持って答えなければならない」としたが、自ら説明する姿勢はない。このため、演説中に聴衆から「森友・加計を説明しろ」とやじが飛ぶことも。
 森友、加計問題は、首相自身または妻昭恵氏とつながりが深い学校法人を巡る問題だ。
 森友問題では、昭恵氏付きの政府職員が国有地を巡り財務省に照会したほか、同省職員が学園側に「ゼロに近い金額まで努力する」と語った音声テープが明らかに。加計問題では、獣医学部新設で競合相手がいたのに、なぜ「加計ありき」と指摘される形で手続きが進んだのか。首相は真相究明に積極的ではない。
 野党側は、森友・加計問題を「安倍一強政治の象徴」として批判している。
 希望の党小池百合子代表は街頭演説でこの問題を取り上げ「安倍一強政治でお友達だ、付度(そんたく)だ、お友達であれば何か良いことがある、そんな政治を変えていこう」と批判している。
 共産党志位和夫委員長は「暴走政治の行き着く果てが、森友、加計疑惑だ。これほど国政私物化疑惑にまみれた政権は戦後ない」と批判。首相が街頭演説で語らないことに対し「ならば、国会で昭恵氏に出てきてもらい、疑惑の徹底究明を行う」と主張している。
 立憲民主党枝野幸男代表も「税金が食い物にされている。安倍政権は情報公開や説明責任をまったく無視している」と強調。社民党も同様に問題視する。
 日本維新の会松井一郎代表は、森友問題は検察が捜査中とし、加計問題は「首相と加計(孝太郎)理事長の友情がきつすぎた」と指摘するにとどめている。

 

<ブログコメント>希望の党・小池劇場の登場で、今回の解散が安倍首相の「大義なき」解散、「森友加計疑惑隠し」解散であることが吹っ飛んでしまいました。小池劇場が急速に沈静化する今、もう一度、今回の解散とは何だったのか、一票を投じる前に思いだし、考えてみたいものです。今回の臨時国会冒頭の衆議院解散は、安倍首相お得意の、憲法の規定さえも平気で無視するもの、でした。

ネットでメジャーな産経新聞

 f:id:a-tabikarasu:20171016090535j:plain 25面/2017.10.16

本音のコラム/棲み分け 宮子あずさ/25面

 前回のコラムから、顔写真が変わり、不思議に思った方もいるのではないだろうか。以前から、親しい人から、不評だった写真。とは言え、連載開始からはや7年半がたっている。今さら替えずともいいや、とずぼらな私は思っていた。
 ところが、先日の武蔵野市長選挙で、何人かの読者の方から、強く差し替えを勧められた。「実物の方がずっといい」とおだてられると、ついつい…。結局、編集部にお願いし、今の写真に替えていただいた。
 今回改めて思ったのは、リベラルな市民の間では、東京新聞はとてもメジャーな新聞であること。言うまでもないが、新聞にはそれぞれのカラーがあり、東京新聞は左派的。 一方、右派と言えば、産経新聞。それぞれ読者から選ばれ、棲み分けが存在する。
 そんな中で、私が気になるのは、ネットにおける産経新聞のパワー。無料で読める記事が多く、若年層への影響はとても大きいと思う。なぜなら新聞を購読せず、ネットでニュースを読む人が多いからである。
 左派たたきの記事の多さを見るにつけても、これをうのみにしたら…と怖くなる。せめて違う考えもありうると分かってほしいものだ。
 棲み分けはいったん固定すると、異質な考えを排除し、独善的になる。これを避けるには、まず自分の偏りを認めなければならない。(みやこあずさ/看護師)

 

原発30キロ圏に国補助金 立地自治体から拡大

 f:id:a-tabikarasu:20171014101210j:plain 1面/2017.10.14

原発30キロ圏に国補助金 立地自治体から拡大/1面

 経済産業省が、原発が立地する自治体を対象とした国の補助金を、2017年度から、原発の半径30キロ圏内の自治体にも支払う仕組みに変更していたことが13日、分かった。17年度の予算額は16年度と同じ45億円で、対象自治体は150を超え、新たに支給予定の立地外の自治体は16に上る。対象自治体などによると、支給予定の補助金の総額は少なくとも約5億円に上るとみられる。同省は仕組みの変更を報道発表していなかった。

再稼働容認 促す懸念
 原発事故が起きた場合、広範囲の被害への懸念から、30キロ圏内には再稼働に慎重な自治体もある。経産省は「原発の影響が周辺にも及ぶことが分かり仕組みを見直した。再稼働への同意を得る目的ではない」としているが、原発のコストに詳しい龍谷大の大島堅一教授(環境経済学)は「地域再生策として趣旨は理解できるが、補助金を渡すだけという手法には反対だ。再稼働への理解を得たいという意図があるのではと読めてしまう」と指摘した。
 経産省によると、補助事業は「エネルギー構造高度化・転換理解促進事業」で、 16年度に始まった。主に老朽化などで廃炉が決まった原発が立地する自治体に対し、再生可能エネルギーの普及促進など地域振興の取り組みを後押しする。
 17年度からは公募要領を変更し、「原子力発電施設からおおむね半径30キロの区域を含む市町村、および当該市町村が属する都道府県」に応募資格を広げた。
 <略>

条件の「廃炉」突如消え 報道発表なし
 経済産業省が、原発の立地自治体から周辺自治体まで交付対象を広げた補助金は当初、廃炉を決めた自治体に再生可能エネルギーの導入を促す目的で始まった。しかし、2017年度の交付条件から突如として「廃炉」という文字が消え、原発再稼働への容認を促しかねない内容に変わった。
 交付金の条件などを定めた要綱は制度が始まった16年度では、交付対象を「廃炉が行われる原発が立地する市町村」と明記していた。ところが、現在では「廃炉」の言葉が一切なくなり、交付対象が「原発を取り巻く環境変化の影響を受ける自治体」に広がった。
 経産省によると、「原発を取り巻く環境変化」には原発の部分的稼働も含まれる。関西電力高浜原発福井県)では、3,4号機が再稼働し、1,2号機が停止中だが、同原発周辺自治体も交付対象に当てはまるという。
 経産省資源エネルギー庁の若月一泰原子力立地政策室長は「廃炉を条件に限定すると、応募が広がらないため」と説明している。補助金をばらまくために要件をゆるくしたとも受け取れ、「廃炉」を明示した当初に比べ、補助金の目的がぼやけたことは否めない。
 原発に関する自治体への補助金は、原発を受け入れてもらうことを目的に交付されてきた歴史的な背景がある。補助の仕組みの変更を報道発表しなかった経緯も含め、再稼働の容認を促すための新たな「アメ」と取られても仕方がない。(伊藤弘喜)

 

ミサイル?どこさ逃げるべ/衆院選ルポ・青森

 f:id:a-tabikarasu:20171013083227j:plain 31面/2017.10.13

ミサイル?どこさ逃げるべ/衆院選ルポ・青森つがる車力地区/31面

 赤トンボが舞い、黄金色の稲穂がこうべを垂れる。遠くには初冠雪した「津軽富士」の岩木山(いわきさん)。その秋ののどかさを農家工藤巍(たかし)さん(72)の言葉が破る。
 「この田んぼの中でサ、Jアラート鳴っても、どこさ逃げるべ。ミサイル届くのに5、6分だっきゃ」。今年はやや遅れた稲刈りが衆院選と重なった。
 青森県つがる市車力(しゃりき)地区。北朝鮮の弾道ミサイルを探知する米軍の「Xバンドレーダー」が日本海そばにある。この8、9月、ミサイルは津軽海峡に近い北海道の上空を通過した。
 軍事専門家は「ここは日本の陸地の幅が狭く、ミサイルが太平洋へ抜けるのに適したコース。しかも、彼らが真っ先に狙う米軍のXバンドレーダーと三沢基地があるから」と説く。
 工藤さんは地元の町内会長。ミサイルヘの不安から避難訓練の実施を市に要望した。9月1日に実施されたが、「まだまだ不安だな」。地域は田畑や山林の間に民家が点在する。避難できるような頑丈な建物が数少ないためという。
 この訓練には小中学生も参加した。学校帰りの小学5、6年の4人組に聞くと、「9月(15日の発射時)は布団をかぶれた。訓練で、窓ガラスが割れても大丈夫と教えてもらったから」と胸を張った。
 レーダーが航空自衛隊車力分屯基地内に設置されたのは2006年。国は翌年度から見返りとなる米軍再編交付金を市に出した。その総額は昨年度までの10年間で32億円。中学生以下の医療費無料化など59の事業に使われた。
 設置当時は反対する住民もいた。今、撤去を求める声は聞こえない。近くの畑でゴボウを作る農家の羽場晃(はばあきら)さん(65)は「はじめは原発と同じ迷惑施設と思った。でも、レーダー自体に害はないから」という。
 かつて反対運動をした地元の松橋勝利(しょうり)市議(79)は、再編交付金が昨年度で終了したのを問題視する。「レーダーは今もある。代わりの補助金を求めるべきだ」と市議会で訴えた。自主財源の乏しさから「レーダー頼み」なのが現実だ。
 今回の衆院選安倍晋三首相は北朝鮮の脅威を強調し、「国難突破解散」と名付けた。町内会長の工藤さんはずっと自民党の支持者だが、苦り切って言う。「国難? 悪くしたのは安倍さんだっきゃ。米国と北朝鮮のけんかに口出ししすぎれば、逆にやられるべ」
 稲刈り後の田で農家の工藤みちよさん(68)も、「コンクリートの水路に隠れるぐらいしかできない。国民に身を守れという前に、選挙より国会で北朝鮮対応を論議してほしかった」と嘆く。
 地元は区割り変更で青森4区から3区になった。7月に現職が急死し、弟が同じ自民から出馬した。最近、羽場さんは候補の演説を聞きに行ったが、ミサイル関連の話は出なかったと言う。「今回は弔い合戦。ミサイルうんぬんは地元では争点にならない。おれら農家だから、来年からの減反廃止のほうがよっぽど心配だ」(辻渕智之)

Xバンドレーダー
 国内に2基ある。2006年に青森県つがる市車力地区、14年に京都府京丹後市の経ケ岬に設置。米軍の移動式早期警戒レーダーで日本海一帯、主に北朝鮮からの弾道ミサイル発射を探知、追尾する。名は使用する周波数帯「Xバンド」から。