今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

時代を読む 「劇的事件になれる怖さ」 宇野重規

時代を読む 「劇的事件になれる怖さ」 宇野重規/5面

 2020年最初の寄稿である。今年の展望について、期待を込めて書きたいところだが、そのようなのんきな思惑を吹き飛ばすような事件が、昨年末から年初にかけて続いた。12月29日には前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告の海外逃亡事件が、1月3日にはイランの革命防衛隊のソレイマニ司令官の殺害事件が起きた。性格は異なるが、どちらも冷水を浴びせられるような感覚を残した。
 両事件はひどく「劇的」であった。まるで映画の出来事と言ってもいい。ゴーン被告は音響機器用の箱に隠れ、プライベートジェット機で脱出したという。複数の国籍の人物が関与し、米陸軍特殊部隊グリーンベレーに所属した経験のある人物が助けたとの報道もある。ますますハリウッド映画風である。保安検査の甘い関西空港が狙われるなど、入念な準備の上での「逃亡劇」であった。
 ソレイマニ氏の殺害は、シリアからバグダッドの国際空港に到着したソレイマニ氏が車で移動中に発生した。ドローンのミサイル攻撃によるものであり、居場所について米軍による詳細な監視と追跡がなされていたことがわかる。さながらスパイ映画の印象があるが、かくもピンポイントな攻撃が可能なのかと思うと、SF映画的にも思えてくる。いずれにせよ驚くべき「暗殺劇」であった。
 ただし、劇は劇でも、ひどく安っぽい三文芝居の印象があることも否めない。ゴーン被告の逃亡は、長期の勾留により自白を強要するなど、「人質司法」とも批判され、人権に反する日本の刑事司法の問題点を、世界にさらすことになった。もちろん、だからといって一国の制度の裏をかいて逃亡することが正当化されるわけではない。グローバルエリートの身勝手さを感じてしまうのも事実である。
 ソレイマニ氏の殺害についても、トランプ米大統領がいかにテロ対策の正統性を主張するにせよ、一つ間違えば世界的な戦争状態を招きかねない危険な蛮行であった。トランプ流の計算があったにせよ、ギリギリの賭けに似た行為であり、米国首脳の「予測不可能性」ばかりを印象づけた。その決断の背景には、米大統領選への対策があることは明らかで、大国の国内事情で世界が揺さぶられる危険性を痛感させられた。
 あらためて思うのは、今日の世界が「帝国主義」的になっていることである。さながら、サラエボにおける一発の銃声が第一次世界大戦を引き起こしたように、何か一つの偶発的事件によってバランスが崩れ、戦争が起きてもおかしくないのが世界の現状である。各国指導者の自国第一主義が加速し、それを抑制するはずの国際的な制度は空洞化するばかりである。グローバルエリートの身勝手さが目立ち、金と力があれば何でも押し切れるという思いが、ますます状況を悪化させる。
 何より恐ろしいのは、このような現状を当たり前のように受け止めてしまう自分自身の感性である。こんなことが起きてもおかしくない。ドラマ以上にドラマ的なのが現状だ。そう思っているうちに、やがて事件を忘れてしまい、次の劇的な出来事をぼんやりと待っている。誰もが無責任な観客となってしまう危険性をまざまざと痛感した、2020年の幕開けであった。
 世界は流動化し、不安定化している。傍観しているだけでは無力になるばかりだ。
 (東大教授)

菅氏、加工認め「極めて不適切」桜名簿

菅氏、加工認め「極めて不適切」桜名簿 部局名隠し国会提出/1面

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は14 日の記者会見で、昨年の「桜を見る会」を巡り、内閣府が国会に提出した推薦者名簿の一部に部局名を隠す加工をしていたことを認めた。「極めて不適切な対応だ。今後このような行為を厳に慎むよう徹底した」と述べた。野党は「国会にうその資料を出した」と批判した。 (中根政人)

 <略>本文は次のリンク参照

東京新聞:菅氏、加工認め「極めて不適切」 桜名簿 部局名隠し国会提出:政治(TOKYO Web)

 
 

桜名簿扱い、政府「違法」

桜名簿扱い、 政府「違法」  管理簿不記載  首相同意なく廃棄/1面

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡り、菅義偉(すがよしひで)官房長官は10日の記者会見で、2013~17年度の招待客名簿を行政文書の管理簿に記載していなかったことは「公文書管理法の関連規定、内閣府の文書管理規則に違反する対応だった」と述べた。名簿を廃棄する前に首相と協議して同意を得る同法の手続きを踏んでいなかったことも明らかにし、これも違法だとの認識を示した。桜を見る会を巡る問題は、政府が公文書管理の違法性を認めざるを得ない異例の事態になった。 (後藤孝好)
<本文は次のリンク>
東京新聞:桜名簿扱い、政府「違法」 管理簿不記載 首相同意なく廃棄:政治(TOKYO Web)

本音のコラム 「恐怖の大魔王」 北丸雄二

本音のコラム  「恐怖の大魔王」  北丸雄二/25面
 かつて世界は、北朝鮮は何をするかわからないからと軽水炉を提供したり食料や重油を与えたり懸命になだめすかしてチキンゲームに対処してきました。それが今は、何をするかわからないのはすっかりトランプのアメリカになった印象です。
 この人相手にはこちらが自制しなきゃ自国ばかりか世界が破滅する。それでイランは軌道計算しやすい弾道ミサイルを使い、イラクの米軍基地の、宿舎でも司令部でもない場所に着弾させました。しかもザリフ外相がご丁寧に「イランは国連憲章51条に基づく自衛として相応な手段を取り、それを終了した」とツイートした。「我々は(戦闘の)拡大も戦争も望まない」と。つまり、これで「終わり」だ、と。
 攻撃しなければイラン国内の反米感情を抑えられない。けれどトランプ相手にマジに反撃したら第3次世界大戦はすぐそこにある。彼は今や逆説的に、金正恩よりも恐れられる当代随一の戦争抑止力になりました。
 ではトランプ再選でいい? いやいや、この人は反対されるのが嫌なだけ。次に何が来るか長期志向は大の苦手。それを咎(とが)めた側近は悉(ことごと)くクビで追従人間の進言だけに甘い。そんな危うい均衡があと5年も持つとは到底思えません。ソレイマニ殺害が再選のためでも弾劾裁判の目眩(めくらま)しのためでもなかったら、そっちの方がよっぽど恐怖の大王です。 (きたまる・ゆうじ/ジャーナリスト)

筆洗 「1年の計」 2020.1.6

筆洗  「一年の計」  2020.1.6/1面

 実り多い年になるように、静かに「一年の計」を考えながら過ごす。それが、わが国旧来の年初の心の持ちようであろう。言わずもがなではあるが、そんなことを気にしない国もある。米軍が年明け早々、トランプ大統領の命令に基づいて、イラクでイランの革命防衛隊司令官を殺害した▼米国旗を破る人々、数万人の追悼。イランから入ってくる画像は怒りに満ちている。2020年の世界は近年にないような緊張の中で始まることになった▼挑発のような言葉の応酬がすでに始まっている。ここで止まったとしても、中東で複雑に絡み合った導火線のどこかに火が付かないか。懸念は膨らむ▼トランプ氏の「計」は少し前に定まっていたのだろう。イランが支援する組織の攻撃を受け、先制攻撃も辞さないと国防長官が警告していた。米国は自衛のためと主張するが、要人殺害は事態を大きく進めてしまった▼幻だった大量破壊兵器を理由に先制攻撃したイラク戦争も思い出す。今回も米軍攻撃の計画があったとしながら、詳しい説明はないようだ▼国際社会が危機回避に動くべきだろうが、以前に増して一国主義の道を行く米国は、他国の目を気にしていないようにみえる。今年は11月に大統領選がある。反イランの米国民の動向が重要という。再選のための「今年の計」を実行しているのであろうか。不穏な年の始まりだ。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2020010602000131.html

<筆洗>東京新聞:江戸時代の敵討ちにも規則があって敵討ちへの敵討ちは認められ…:社説・コラム(TOKYO Web)

<筆洗>東京新聞:猫とキツネが賢さを自慢し合っている。キツネは百の計略を誇り…:社説・コラム(TOKYO Web)

<民衆の叫び 世界を覆うデモ>2・米国

<民衆の叫び  世界を覆うデモ>2・米国  平等  社会主義に夢/2面

 米南部ルイジアナ州の最大都市ニューオーリンズ。昨年12 月の夕暮れ時、市役所の広場に建設作業員ら20 代、30代を中心に百数十人が集まった。近くで建設中の高層ホテルが崩壊し、作業員3人が死亡した事故を「資本主義の犯罪」と糾弾、市当局や市議会に対策を訴えるデモだ。
 「私たち一人一人のために団結しよう」。若い女性がメガホン代わりに両手を口に当て、先頭で声を上げた。主催した社会主義団体「米国の民主的社会主義者」(DSA)の地元支部代表マイケル・エシールカさん(26)だ。同様のデモは全米各地で相次いでいる。
 トランプ大統領は、政情不安が深刻な南米のベネズエラなどを引き合いに「米国は決して社会主義国にはならない」と警戒感をあおる。ただ、旧ソ連と対峙(たいじ)した冷戦を終えた後に生まれた世代を中心に「社会主義」への抵抗は薄れている。
 米ハミルトン大のモーリス・アイサーマン教授(米国史)は「旧ソ連や冷戦を知らない世代に社会主義は悪霊ではない」と話す。むしろ米国資本主義のひずみを是正する「平等」「公正」の代名詞のようにすら語られる。
 米調査会社ギャラップの世論調査(2018年)によると、18~29歳で社会主義を肯定的に見る割合は51%に上り、資本主義の45%を上回る。65歳以上では60%が資本主義、28%が社会主義というのとは対照的だ。DSAの会員数も5万6000人と、トランプ氏が大統領に就任した3年前の4.5倍に増えた。
 米調査機関ピュー・リサーチ・センターの調べでは、世帯主(25~37歳)の学歴で世帯収入を比べると、大卒以上と高卒の格差は18年に2.13倍に上り、半世紀前の1.44倍から拡大。一方で大学の授業料は高騰し、米連邦準備制度理事会によると学費ローンの債務は19年に1兆5000億ドル(160兆円)と10年前の2倍超に。進学せねば高収入を見込めず、進学すれば借金苦にあえぐという八方ふさがりの構図が色濃くなっている。
 エシールカさんもその一人。幼いころに両親が離婚、母子家庭で育ち「ずっと貧しかった」。低所得者向けの食料費補助を受け、高校卒業後は大学進学をあきらめ、親元を離れてワインバーやレストランの店員として働いた。20キロ以上の食器や食べ物を抱えて階段を上り下りし、休憩時間もなく、客の食べ残しで空腹をしのぐ。それでも収入の半分は家賃に消えた。
 国民皆保険の実現や労働者の権利を主張するDSAを知ったのは、そんな時だ。「利益の追求が労働者の幸せより優先され、底辺の人が搾取される腐った経済の仕組み」に気づいたという。「飲食店員から抜け出すため」大卒の肩書を得ようと、今は働きながら公立大学に通うエシールカさんは「社会主義を知り、道筋が見えた。今は力強い気持ちです」と語る。
 若い世代に経済的な格差や苦境が広がるなか、アイサーマン教授は「資本主義に疑問を持てば、その代わりを探すのは当然」と語った。
 (ニューオーリンズで、赤川肇、写真も)

東京新聞:<民衆の叫び 世界を覆うデモ>(2)米国 平等 社会主義に夢:国際(TOKYO Web)

 

本音のコラム 「和泉首相補佐官の暗躍」 前川喜平

本音のコラム 「和泉首相補佐官の暗躍」 前川喜平/17面

 菅義偉官房長官の最側近とされる和泉洋人首相補佐官。本紙は27日、和泉氏が2016年9月Jパワーの北村雅良会長を官邸に呼び、沖縄の高江米軍ヘリパッド建設への協力を求めたと報じた。その際「本件は官房長官直結で私が仕切っている」と述べたという。
 和泉氏については、今年8月内閣官房健康・医療戦略室長として大坪寛子次長とともに京大 i PS細胞研究所の山中伸弥所長を訪問し、財政支援の打ち切りを一方的に通告したとの報道もある。
 和泉氏は加計学園問題でも暗躍した。16年9月文科事務次官だった僕は、彼に呼ばれて獣医学部新設を促されたが、その際「総理は自分の口から言えないから私が代わりに言う」と言われた。同年10月の文科相文書「萩生田副長官ご発言概要」には、「和泉補佐官からは、農水省は了解しているのに、文科省だけが怖じ気づいている…と言われた」という萩生田光一官房副長官(当時)の発言が記録されている。
 首相補佐官は内閣法上首相の行う企画・立案を「補佐する」だけなので、国政の責任者として答弁することはない。「私が仕切っている」と言う高江ヘリパッド建設についても、問われると「防衛相にお問い合わせください」と回答した。国民に責任を負わない「闇の権力」は民主主義に背馳(はいち)する。(まえかわ・きへい/現代教育行政研究会代表)