今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

政府がメールや通話などを監視

  f:id:a-tabikarasu:20170603125753j:plain 2017.6.2

共謀罪 監視が日常に」 元CIAスノーデン氏警鐘

 米国家安全保障局NSA)による大規模な個人情報収集を告発し、ロシアに亡命中の米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員(33)が1日までにモスクワで共同通信と単独会見した。元職員は持ち出して暴露した文書は全て「本物」と強調し、NSAが極秘の情報監視システムを日本側に供与していたことを確認した。
 日本政府が個人のメールや通話などの大量監視を行える状態にあることを裏づける証言。元職員は、参院で審議中の「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が、個人情報の大規模収集を公認することになると警鐘を鳴らした。
 元職員によると、NSAは「XKEYSCORE(エックスキースコア)」と呼ばれるメールや通話などの大規模監視システムを日本側に供与。同システムは、国内だけでなく世界中のほぼ全ての通信情報を収集できる。米ネットメディア「インターセプト」は4月、元職員の暴露文書として、日本に供与した「エックスキースコア」を使って、NSA職員が日本での訓練実施を上層部に求めた2013年4月8日付けの文書を公開した。
 今年5月29日の参院本会議で、安倍晋三首相は文書を「出所不明」としてコメントを拒否したが、元職員は「(供与を示す)文書は本物だ。米政府も(漏えい文書は)本物と認めている。日本政府だけが認めないのはばかげている」と語った。
 元職員は共謀罪について「日本における(一般人も対象とする)大量監視の始まり。日本にこれまで存在していなかった監視文化が日常のものになる」と指摘。法案に懸念を表明した国連特別報告者に「同意する」と述べた。(モスクワ・共同)

 

  f:id:a-tabikarasu:20170602213500j:plain 2017.6.2

稲田防衛相の敗訴確定

 在日特権を許さない市民の会在特会)と近い関係にあると報じた週刊誌「サンデー毎日」の記事で名誉を傷つけられたとして、稲田朋美防衛相が発行元の毎日新聞社に損害賠償などを求めた訴訟は、稲田氏敗訴の二審判決が確定した。最高裁第三小法廷(木内道祥裁判長)が5月30日付で、稲田氏の上告を退ける決定を下した。
 確定判決によると、2014年9月発売のサンデー毎日は、在特会ヘイトスピーチ活動をする団体だと指摘した上で、稲田氏の資金管理団体が、会幹部に近い人物から寄付を受けていたなどとする記事を載せた。
 稲田氏は「ヘイトスピーチを容認している印象を与える」と主張したが、一審大坂地裁判決は「記事の重要部分は真実で、人身攻撃には当たらない」と退け、二審大坂高裁も支持した。
 稲田氏の事務所は「特にコメントはない」とし、毎日新聞社は「主張が認められた妥当な判決だ」とした。


<ブログコメント> 今日の一面には、前川前事務次官の新たな証言とスノーデン氏の証言が並びました。スノーデン氏の記事は共同の配信ですが、内容は深刻です。私たちはすでに政府(第2次安倍政権になってから)に監視されているかもしれません(これは憲法違反です)。稲田防衛相の記事は社会面のベタ記事ですが、この人はどういう人なのか、もう一度確認しておく必要があります。