今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

背中いっぱい「共謀罪反対」

  f:id:a-tabikarasu:20170614064233j:plain 2017.6.14

背中いっぱい「共謀罪反対」 ラーメン「なんつッ亭」経営者 「関心を持って」

 黙々と調理する背中に、「共謀罪反対!」の手書き文字ー。ラーメンチェーン「なんつッ亭」を国内外で経営する古谷(ふるや)一郎さん(49)=神奈川県秦野市=がフェイスブック(FB)に投稿した自らの動画が話題を呼んでいる。かつて暴走族を率いた「元ヤンキー店主」として知られる古谷さんは「言いたいことが言えなくなる世の中にしてはいけない」と、国会審議が大詰めを迎えた組織犯罪処罰法改正案に静かな抗議を続ける。 (加藤豊大)

 「商売人にとって野球と政治の話はご法度と、定食屋をやっていた両親から口酸っぱく言われてきた。だけど、居ても立ってもいられなかった」
 動画は30秒ほど。油性ペンキで描かれたゼッケンを背中に縫い付け、秦野市の本店調理場で働く古谷さんを映す。大型連休中の先月上旬に初めて投稿した。
 「共謀罪」に関心を持ったのはインターネットの動画で国会審議を見たのがきっかけ。曖昧な答弁を繰り返す与党に疑問を抱いた。
 新聞やネットで法案への知識を集めるように。「捜査機関の恣意(しい)的な運用の恐れがある」「テロ対策のためというのは間違い」との法学者らの反対意見の方が、与党答弁より筋が通っていると感じた。「どうしても納得できない」
 以前は「政治や社会に全く関心がなかった」。バイク好きで高校時代に暴走族に加わり、学校を中退。10年ほど定職に就かずにいたが、テレビで行列のできるラーメン店の紹介を見て「俺にもできる」と一念発起。熊本県の豚骨ラーメン店で1年修行し、1997年に開店した。本格的な豚骨の味と白い鉢巻き姿の「元ヤンキー」キャラクターが受け、テレビなどに取り上げられる有名店に成長。現在は東京、茨城やタイ、シンガポールなどに計8店舗がある。
 「政治的なメッセージを発信したら客が離れる」。懸念はあったが、動画を投稿したところ、FBなど会員制交流サイト(SNS)で次々に拡散された。FBページには、賛同を表す「いいね!」の投稿が1500件以上寄せられたという。経営者なので、常に店にいるわけではないが、週末などには、ゼッケンを着けて調理場に立つ。来客からは「動画を見てきた」「これからも頑張ってください」との声も。
 「自分の考えが正しいかは分からない。だけど現政権のやり方は100パーセント間違っている」。周囲の友人らと法案の話をしても「よく分からない」といった声が多く、国民の理解が進んでいるとは思えないからだ。
 「みんなで議論を深めた上で法案が成立したら、まだ諦めきれるが、そうなっていない。ちょっとでも皆が法案に関心を持ってほしい」

 

<ブログコメント>今朝、東京新聞に目を通してこの記事を書いていますが、ネットにアップされた毎日新聞ニュース(午前5時33分)によると、与党は16日(金)までに「共謀罪」法案を可決、成立させる方針を固めたとか。国会でまともな説明、議論もできないまま、数の力でごり押しを図ろうとしています。すべては「総理のご意向」を隠すために。