今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

加計学園 「萩生田氏発言」の新文書

  f:id:a-tabikarasu:20170621071538j:plain 2017.6.21

加計開学「首相が期限」 「萩生田氏発言」の新文書 特区決定直前 文科省に迫る

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、文部科学省は20日、萩生田光一官房副長官が昨年10月、文科省幹部に対し、加計学園の名前を挙げ、首相の意向として2018年4月の開学を求めたと受け取れる新たな記録文書を公表した。内容が事実なら、首相側近が首相の意向として「加計ありき」で獣医学部新設を求めたことになる。萩生田氏は同省幹部との面会を認めつつ、内容は否定した。 (我那覇圭)

 文書は「10/21萩生田副長官ご発言概要」とのタイトルで、文科省の常盤豊高等教育課長と面談した萩生田氏の発言をまとめたとされ、専門教育課のフォルダーで見つかった。文科省が先に存在を確認した14点とは別の文書となる。
 文書によると萩生田氏は「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた。工期は24ヶ月でやる」と発言。「官邸は絶対やると言っている」と強調した。
 愛媛県今治市獣医学部設置をめざす加計学園を前提とする「四国」や「愛媛」の地名も書かれ、「加計学園事務局長を(文科省の担当)課長のところにいかせる」として、加計学園の名前を挙げた。計画を推進する和泉洋人首相補佐官からも、文科省に働きかけるように依頼されたともしている。
 これらの発言があったとされる直後の昨年11月9日、首相が議長を務める国家戦略特区諮問会議が開かれ、特区での獣医学部新設の方針を決めた。
 萩生田氏は20日、コメントを出し「加計学園の便宜を図るために具体的な調整を行うとか、指示を出すことはあり得ない」と否定。「加計学園に関連して、首相から指示を受けたことはない」と主張した。
 新たな文書は、松野博一文科相が20日午後の記者会見で発表。萩生田氏が内容を否定するコメントを出した後、松野氏はあらためて記者団に、萩生田氏の発言と文書作成者が把握していた周辺情報などが混ざった内容だと説明。「タイトルからすると正確性を著しく欠いていた」として萩生田氏に謝罪したと語った。


首相言行不一致 与党閉会中審査拒否

 安倍晋三首相は20日の自民党役員会で、加計学園獣医学部新設計画に官邸側が関与したとされる文書の存在を巡り、政府の対応が二転三転したことについて「国民に政府への不信を招いた。何か指摘があれば、一つ一つ丁寧に説明する努力を積み重ねたい」と、19日の記者会見に続いて説明した。だが、20日、野党が新文書を受けて国会での閉会中審査を求めると、自民党は拒否。早くも「言行不一致」が表面化した。
 首相は役員会で「国民の厳しい叱声(しっせい)を重く受け止め、気を引き締めて政権運営に当たりたい」と決意を示した。
 加計学園を巡る問題で、首相は19日、通常国会閉会を受けた記者会見で「国会の閉会、開会にかかわらず丁寧に説明していきたい」と表明。その翌日の20日、萩生田光一官房副長官文部科学省に計画を早期に進めるよう迫ったとされる文書が新たに見つかった。首相が言う「何か指摘があれば」という新たな説明が必要な事態が生じた。
 だが、首相が説明する機会について、菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で「考えていない」と否定した。
 民進、共産など野党4党は20日、首相が出席する予算委員会での閉会中審査を求めたが、自民党は拒否。民進党憲法の規定に基づき、臨時国会召集を求める方針を決めた。 (古田哲也)

 

  f:id:a-tabikarasu:20170621073835j:plain 2017.6.21

本音のコラム 「官房副長官の弁明」 斎藤美奈子

 萩生田光一官房副長官がご立腹である。加計学園を巡る新文書がお気に障ったらしい。
 「文科省の一担当者」による「伝聞」、「不確かな情報を混在させて作った個人メモ」、「直属の上司である高等教育局長のチェックを受けていない」などと氏は文書の正当性を否定。こうなると、かねて「文書が実在したとしても、その紙が正しいかどうかは次の話だ」と、語っていたのも予防線に思えてくる。
 文書をスクープしたのは19日夜NHKクローズアップ現代+」だった。報道を受けて調べたら確認できたというのだから、文書はもともとあったのだ。義家弘介文部科学省副大臣は先週、文書のリークは「国家公務員法違反になる可能性がある」と脅したが、脅しに屈しなかった人が省内にはいたのだね。
 では、萩生田氏がいうように彼が「具体的な調整を行うとか、指示を出すことはあり得ない」のだろうか。獣医学部の新設に否定的だった文科省加計学園に便宜を図るメリットはどう考えても薄い。一方、落選中に加計学園系大学の客員教授だった萩生田氏には十分なメリット、ではなくとも恩義があるはずだ。
 文科省が萩生田氏に謝罪したっていうのも変な話。松野博一文科相は「萩生田氏の発言でない内容も含まれている」と述べたが、じゃあ萩生田氏発言も含まれているわけよね。 (文芸評論家)