今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

沖縄慰霊の日 / 子どもの貧困

  f:id:a-tabikarasu:20170623143010j:plain 2017.6.23

筆洗「艦砲の食い残し」 沖縄慰霊の日

 沖縄には「艦砲の食い残し」という言葉がある。鉄の暴風と形容された沖縄戦の艦砲射撃で家も家族も食い尽くされた。その食い残しが、生き残った自分たち。言い尽くせぬ悲しみと虚(むな)しさが結晶となった言葉だ。
 <♪うんじゅん 我(わ)んにん/いゃーん 我んにん/艦砲(かんぽー)ぬ喰(く)ぇー残さー…>。あなたもわたしも、おまえもおれも、艦砲の食い残し。そんな歌が大ヒットしたのは、戦後30年を迎えたころだ。
 仲松昌次さんの労作『「艦砲む喰ぇー残さー」物語』によると、作詞作曲した比嘉恒敏(ひがこうびん)さんは、対馬丸の沈没で父母と長男を失い、働きに出ていた大坂の空襲で妻と次男を失った。
 終戦後、廃墟となった故郷の村に帰って生活を再建させたが、米軍基地建設のため強制的に立ち退かされた。そんな自分の歩みを、民謡を語るような木訥(ぼくとつ)とした口調と明るい曲調の島唄にしたのだ。
 だが、比嘉さんが、この歌のヒットを見届けることはなかった。本土復帰の翌年、飲酒運転の米兵が起こした事故で、56歳で命を奪われてしまった。
 沖縄の新聞・琉球新報に最近、77歳の方が詠んだ琉歌が載っていた。<野山(ぬやま)揺るがす艦砲の(ぬ)音(うとぅ)やこの(くぬ)年(ちゃ)になるまでも(でぃん)追うて(うーてぃ)きよ(ちゅー)さ>源河朝盛(げんかちょうせい)。72年たっても止まらぬ戦争の響きがある。「艦砲ぬ食ぇー残さー」という言葉は今も痛みを伴って脈を打っている。きょうは、沖縄慰霊の日だ。

<沖縄慰霊の日>太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的戦闘が終わったとされる6月23日。最後の激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和記念公園で追悼式が開かれ、72年前の地上戦で犠牲となった20万人以上への鎮魂の祈りが捧げられる。

 

  f:id:a-tabikarasu:20170623093426j:plain 2017.6.23

東京こと始め5「子どもの貧困」 負の連鎖 学力にも差

 全国に広がる子ども食堂は、「気まぐれ八百屋だんだん」(東京都大田区)の店主の近藤博子さん(57)が7年前に聞いた話で始まった。
 「母親の具合が悪く、給食以外はバナナ1本で過ごしている子がいる」
 店を訪れた小学校の副校長の話は衝撃的だった。一人でバナナを食べている子の後ろ姿を想像し、胸が締め付けられた。ここでみんなでご飯を食べられるようにしよう。2年間の準備を経て2012年8月に子ども食堂を開いた。
 貧困対策だけでなく、孤食を防ごうという目的で始め、子どもも大人も受け入れている。しかし、「ここにくるとお肉が食べられる」と話している子や、何杯もお代わりをする子がいるとハッとする。
 大田区発の子ども食堂は各地に次々とできていった。近藤さんは「何かしなきゃいけないと思う大人がこんなにたくさんいる。日本も捨てたものではないな」と話す。

 過去1年間に、必要な食料が買えなかったことがある世帯は10%前後。必要な服が買えなかったことがあるのは15%前後。
 東京都が昨年実施した「子供の生活実態調査」は、世帯収入という一面的な数字だけでは捉えきれない、子どもを巡る生活困難な状況を把握するために、設問に工夫を凝らした。
 調査を主導した首都大学東京の阿部彩教授(貧困・格差論)は「以前は経済的な困窮はほんの一部と考えられていたが、かなり広がっている。普通の学校に通う子どもでも食べものが食べられていない子が相当いる」と説明する。

 13年に制定された「子どもの貧困対策推進法」の目的の一つは、子どもの将来が生まれ育った環境に左右されないよう、教育の機会均等を図ること。しかし、都の調査で、授業が分からないと感じる子どもの割合は、中学2年生全体で24%だったが、困窮層は52%、小学5年生全体は13%、困窮層は29%だった。
 都議選では、各党が子どもの貧困対策に力を入れている。公明、民進、共産、社民が給食の無償化・負担軽減を掲げる。自民は私立小中学校無償化。都民ファーストの会は子ども食堂との連携を唱える。
 阿部教授は「親が日々の生活で精いっぱいだと子どもの勉強まで気が回らない。根本的には労働施策が必要だが、学校でできることもある。都は教員加配や学習補助などで、授業についていけない子どもをつくらないようにしてほしい」と願う。近藤さんも貧困の連鎖を断ち切るために必要なのは教育だと考える。「親が病気になったりしても、子どもが安心して大学まで通えるように学費を無料にしてほしい」と政治に望む。 (片山夏子)