今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

15年6月の特区WG議事要旨 「加計」幹部出席伏せる

  f:id:a-tabikarasu:20170807111733j:plain 1面/2017.8.7

「加計」幹部出席 伏せる 15年6月 特区WGの議事要旨/1面

 国家戦略特区による獣医学部新設を巡り、政府のワーキンググループ(WG)が2015年6月に愛媛県今治市からヒアリングした際、学校法人「加計(かけ)学園」の幹部が同席していたのに、公開された議事要旨には名前も発言も記載がないことが、学園側や他の出席者ヘの取材で分かった。WGの八田達夫座長は6日、政府の特区のホームページにコメントを掲載して同席の事実を認め、加計学園の立場を「説明補助者」とし「参加者と扱っていないので記載しなかった」と説明した。
 安倍晋三首相は7月25日の参院予算委員会で「特区の運営は、議事をすべて公開するオープンな形で議論している」と答弁したが、議事要旨は「加計隠し」とも取られかねない。
 議事要旨に記載されている出席者は、事務局を除き、八田氏らWG委員4人と、特区提案者の愛媛県今治市の担当者3人。提案者ではない加計学園は記載がないが、学園の吉川泰弘・新学部設置準備室長は本紙の取材に出席の事実を認め、「教員確保や感染症対策の質問に答えた記憶がある」と話した。
 八田氏はコメントで「今治市が独自の判断で加計学園関係者2人を同席させていた」と説明。「通常、説明補助者名を議事要旨に記載していない。特区の制度趣旨にかなう運営だった」としている。
 八田氏のコメントによると、議事要旨は当初、愛媛県今治市が議会対策や反対派・競合相手との関係から非公開を要望。いったんは非公開にすることとしたが、今年1月に特区による獣医学部新設が決定した後、経過をできる限りオープンにしようと、今年3月6日に議事要旨を公開したという。要旨公開の3日前には、国会で加計学園の問題が取り上げられていた。
 加計学園と競合していた京都産業大京都府との共同提案者で、昨年10月のWGヒアリングの議事要旨には出席者の名前や発言が記載されている。(中沢誠)

 

<ブログコメント>加計も森友もまだ終わりません。内閣を改造しても、担当大臣を変えただけで、何も明らかになっていません。疑惑は深まるばかりです。