今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

関東大震災の朝鮮人虐殺 小池知事 追悼文断る

  f:id:a-tabikarasu:20170824204140j:plain 1面/2017.8.24

関東大震災朝鮮人虐殺 小池知事 追悼文断る/1面

 東京都の小池百合子知事が、都立横網町(よこあみちょう)公園(墨田区)で9月1日に営まれる関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を断ったことが分かった。例年、市民団体で構成する主催者の実行委員会が要請し、歴代知事は応じてきた。小池氏も昨年は送付していたが方針転換した。団体側は「震災時に朝鮮人が虐殺された史実の否定にもつながりかねない判断」と、近く抗議する。(辻渕智之、榊原智康)

 追悼文を断った理由について、都建設局公園緑地部は本紙の取材に、都慰霊協会主催の大法要が関東大震災の9月1日と東京大空襲の3月10日に開催されることを挙げ、「知事はそこに出席し、亡くなった人すべてに哀悼の意を表しているため」と説明。「今後、他の団体から要請があっても出さない」としている。
 追悼文は1970年代から出しているとみられ、主催者によると確かなのは2006年以降、石原慎太郎猪瀬直樹舛添要一、小池各知事が送付してきた。
 追悼式が行われる横網町公園内には、73年に民間団体が建立した朝鮮人犠牲者追悼碑があり、現在は都が所有している。そこには「あやまった策動と流言輩語(ひご)のため6000余名にのぼる朝鮮人尊い生命を奪われた」と刻まれている。
 追悼碑を巡っては、今年3月の都議会一般質問で、古賀俊昭議員(自民)が、碑文にある6000余名という数を「根拠が希薄」とした上で、追悼式の案内状にも「6000余名、虐殺の文言がある」と指摘。「知事が歴史をゆがめる行為に加担することになりかねず、追悼の辞の発信を再考すべきだ」と求めた。
 これに対し、小池知事は「追悼文は毎年、慣例的に送付してきた。今後については私自身がよく目を通した上で適切に判断する」と答弁しており、都側はこの質疑が「方針を見直すきっかけの一つになった」と認めた。また、都側は虐殺者数について「6000人が正しいのか、正しくないのか特定できないというのが都の立場」としている。
 式を主催する団体の赤石英夫・日朝協会都連合会事務局長(76)は「犠牲者数は碑文の人数を踏襲してきた。天災による犠牲と、人の手で虐殺された死は性格が異なり、大法要で一緒に追悼するからという説明は納得できない」と話した。

関東大震災朝鮮人虐殺
 1923年(大正12年)9月1日に関東大震災が発生すると、「朝鮮人が暴動を起こした」などのデマが広がった。あおられた民衆がつくった「自警団」などの手により、多数の朝鮮人や中国人らが虐殺された。通行人の検問が各地で行われ、殺害には刃物や竹やりなどが用いられた。