今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

「監視恐れず活動」 日比谷で共謀罪反対集会

 f:id:a-tabikarasu:20170916074136j:plain 3面/2017.9.16

「監視恐れず活動」 日比谷で共謀罪反対集会/3面

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の廃止を目指す市民団体や法律家団体などでつくる「共謀罪廃止のための連絡会」は15日、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で「共謀罪は廃止できる!9.15大集会」を開いた。約3000人(主催者発表)が参加し、「共謀罪は絶対廃止」などと声を上げた。
 連絡会は今月7日、「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらがつくった「未来のための公共」や日本消費者連盟など14団体が結成した。
 アムネスティ・インターナショナル日本の山口薫さんは「今、市民活動は危機にさらされている。法は施行されたが廃止できる。監視を恐れず、萎縮せず活動したい」と話した。「共謀罪対策弁護団」の三澤麻衣子事務局長は多くの弁護士で、摘発された場合の対策や予防を考えるとした。
 世田谷区の会社員横山淳さん(46)は「共謀罪強行採決はひどかった。計画段階で捕まり、監視社会が進む。改憲の流れにもつなげられるのでは」と話した。
 民進党など野党4党の国会議員らは、28日からの臨時国会への廃止法案の提出を明らかにした。