今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

本音のコラム「Aアラート」 斎藤美奈子

 f:id:a-tabikarasu:20170920133618j:plain 27面/2017.9.20

本音のコラム「Aアラート」 斎藤美奈子/27面

 8月29日に続き、9月15日早朝にも発令されたJアラート。「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。建物の中、または地下に避難してください」
 北朝鮮の所業は言語道断だとしても、宇宙空間を通過するミサイルで朝っぱらから危機感を煽(あお)る政府のやり方も不愉快きわまりない。一度目は不安と戸惑い、二度目は既視感と失笑。今後もこれを続ける気だろうか。
 そこへ突然のAアラート。「アベ砲発射、アベ砲発射。安倍総理大臣が臨時国会での冒頭解散を決断した模様です」
 さあ、大変だ。解散砲を発射された国民は、いやおうもなく選挙戦に巻きこまれる。国会での所信表明演説も各党代表質問も予算委員会も聞くことなく、ただただ投票に行けと迫られる。
 北朝鮮のミサイルを支持率アップに利用する一方で、なんともいまいましいのは解散総選挙を首相が「避難先」と考えていることだろう。森友学園や加計(かけ)学園問題からの避難。野党の追及の矢面に立たされる国会論戦からの避難。国民の厳しい目からの避難。
 思えば、2012年12月の第2次安倍政権発足以来、衆院議員は一度も4年の任期を全うしていないのである。有権者は与党のパワーゲームの道具なのか。保身のための解散砲。国民に避難を促すJアラートよリタチが悪い。(さいとうみなこ/文芸評論家)