今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

内閣不支持46%と逆転

 f:id:a-tabikarasu:20171002090318j:plain 1面/2017.10.2

内閣不支持46%と逆転 比例自民24%、希望14%/1面

 共同通信社は9月30日、10月1日の両日、衆院選に向けて有権者の支持動向などを探る全国電世論調査(第2回トレンド調査)を実施した。小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」結成後、初の調査。比例代表の投票先政党は自民党が24.1%で、希望の党が14.8%となった。内閣支持率は前回調査(9月23、24両日)から4.4ポイント減の40.6%となり、不支持率46.2%が上回った。

安倍政権で改憲「反対」53%
 前回調査では、希望の党は「小池氏の側近らの新党」として尋ね、比例代表で投票するとの回答は6.2%。民進党の8.0%と単純合計すれば計14.2%だった。今回調査で比例投票先を「まだ決めていない」が42.8%もあり、合流の効果を含めて情勢は変わる可能性がある。
 自民、希望以外の比例代表投票先は、公明党4.9%、共産党4.9%、日本維新の会2.4%、自由党0.3%、社民党0.1%、日本のこころ0.4%となった。
<略>