今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

節電で電力ピーク使用 15%減 原発26基出力相当

 f:id:a-tabikarasu:20171225160710j:plain 1面/2017.12.25

節電で電力ピーク使用 15%減 原発26基出力相当/1面

 全国10地域の電力会社で今夏、年間で最も電力使用の多いピーク時の使用量が、東京電力福島第一原発事故前の2010年夏に比べて約15%減ったことが分かった。減少幅は原発26基分に相当する。家庭や企業に発光ダイオード(LED)照明など省エネ技術が広く普及したことが大きい。東京電力中部電力の管内では「原発ゼロ」で今夏を乗り切った。 (酒井健

今夏 2010年比 高まる意識
 経済産業省認可法人「電力広域的運営推進機関」が10月にまとめた報告書によると、全国の今夏の電力需要のピークは8月24日午後2~3時の間で、使用量は1億5554万キロワットと、原発事故後で最も少なかった。全国の電力会社の供給余力を示す「予備率」も13.9%と最低必要とされる3%をはるかに上回った。
 電力会社別で減少幅を原発の基数で換算すると、10社のうち最も需要が大きい東電管内では原発8基分、中部電力が2基分、関西電力が5基分減った。政府は11年夏から、7~9月の「節電要請」を家庭や企業に求めていたが、16年夏と今夏は見送った。
 今夏に稼働した原発九州電力四国電力関西電力の計5基。こうした電力会社の管内でも電力需要は低下しており、太陽光発電などの増加で原発がなくても乗り切れる可能性がある。
 資源エネルギー庁は「(需要の低下は)家庭や企業で節電意識が定着し、省エネ技術も進んだ結果だろう」とみる。

ピーク時の電力使用量  電気は大量にためておくことができないため、電力会社は1年で最も需要が高くなる時に対応できるように、発電施設を整備し、供給計画を立てる。ピークの数値が出る季節は、北海道電力管内では暖房が必要な冬になるが、東京電力管内や全国平均ではエアコンの冷房を多用する夏になる。