今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

草津白根山噴火 1人死亡、噴石直撃か

 f:id:a-tabikarasu:20180124130902j:plain 1面/2018.1.24

草津白根山噴火 1人死亡 陸自訓練中 噴石直撃か/1面

11人負傷、スキー客ら救助
 23日午前9時59分ごろ、草津白根山本白根山群馬県草津町、2171メートル)が噴火した。政府や群馬県災害対策本部によると、麓にある草津国際スキー場で、噴石などによって1人が死亡し、11人が重軽傷を負った。草津白根山で噴火が確認されるのは1983年以来となる。=不意打ちの噴火2面、雪中訓練まさか28面、襲う噴石29面、大型CG30面、社説5面

レベル3入山規制
 死傷者については、陸上自衛隊が、スキー場で訓練中だった男性陸曹長(49)が死亡したと明らかにした。ほかの隊員7人も負傷し、うち2人は重体で緊急手術を受けた。いずれも噴石による被害とみている。
 地元消防によると、スキー場に来ていたスキー客も、ロープウエーのゴンドラに噴石が当たってガラスが割れ、けがをした。レストハウスの一部の屋根も、噴石で突き破られたとしており、警察などが当時の詳しい状況を調べている。
 スキー場では、ロープウエーの送電線が断線して停止したことから、山頂駅にあるレストランに一時、約80人のスキー客らが避難した。この中には台湾や英国から訪れた観光客も約20人いて、自衛隊がヘリコプターで麓の駐車場に運ぶなど、警察や消防とともに救助した。
 陸自によると、死亡した男性陸曹長は相馬原(そうまがはら)駐屯地(群馬県)に司令部を置く第12旅団に所属。スキー場で約30人がスキー訓練をしていた際、8人が巻き込まれた。負傷者7人のうち重体2人と重傷3人が男性で、軽傷が男女1人ずつ。
 訓練予定だったコースが雪崩の危険で開鎖されていたため、別のコ―スヘ向かう途中に噴火が発生したという。
 気象庁によると、噴火は午前9時59分ごろに発生した。火口周辺警報を発表した同庁は、噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げ、本白根山の鏡池付近から2キロの範囲では飛散する大きな噴石などに警戒するよう呼び掛けた。東京電力によると、スキー場周辺では、停電も起きた。

 

<ブログコメント>標高2000メートルを超える白根山から麓の草津温泉まで一気に滑り降りることのできる草津国際スキー場は、群馬でも人気のスキーコースです。そのスキー場近くで噴火があり、とても驚いています。なお、上の記事リードに「麓にある草津国際スキー場で、噴石などによって1人が死亡し、11人が重軽傷を負った」とあるのは間違い。草津国際スキー場は、白根山の山頂近くから麓の草津温泉まで続くロングコースのスキー場です。噴石による犠牲者が出たのは、標高の高いロープウエー山頂駅周辺。麓にあるスキー場ではありません。

 昨日の東京新聞は未配達。一昨日降った大雪の影響で、東京から群馬への配送が遅れたようです。昨日は代わりに地元紙の上毛新聞が届き、今朝、ポストをのぞくと、昨日と今日、二日分の東京新聞が入っていました。配達、ありがとう。

 f:id:a-tabikarasu:20180124133845j:plain 1面/2018.1.23