今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

北、完全非核化署名 初の首脳会談 米「体制保証」

 f:id:a-tabikarasu:20180614132256j:plain 1面/2018.6.13

北、完全非核化署名 初の首脳会談 米「体制保証」/1面

共同声明 具体策示されず
 【シンガポール=石川智規】トランプ米大統領北朝鮮金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談を開いた。会談終了後、両首脳は共同声明に署名し、朝鮮半島の「完全な非核化」と北朝鮮の「体制保証」に取り組むことを明記した。ただ「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」との文言は盛り込まれず、検証方法など具体策は先送りされた。またトランプ氏は会談後の記者会見で、日本人拉致問題について「もちろん提起した」と述べたが、具体的な内容には言及しなかった。
 <本文、略>

拙速の「歴史的会談」/外信部長・久留信一
 北朝鮮が核実験やミサイル発射を繰り返していた1年前、米朝首脳会談を実現できると考える人は皆無だったに違いない。トランプ米大統領金正恩朝鮮労働党委員長は12日、朝鮮半島の完全非核化と北朝鮮の「体制保証」を約束する共同声明に署名。「予測不能」な両首脳の存在が実現させた歴史的会談であると言えるが、最優先されたのは首脳同士の信頼構築だ。共同声明には具体策がなく、実現は今後の課題となった。
 歴代の米大統領は、北朝鮮核兵器を放棄させ、朝鮮半島を非核化することに失敗してきた。米軍の圧倒的な軍事力を国家存続の脅威と考える北朝鮮が、生き残りをかけて核開発に固執してきたためだ。
 米朝間の相互不信は根強く、実務を担う官僚に首脳会談を実現させることは不可能だっただろう。2度のシリア攻撃で強硬姿勢を見せ、経済制裁解除もちらつかせるなどのトランプ流駆け引きが、核で世界を威嚇しようとする正恩氏に「恐怖心」と「計算」を呼び起こさせたに違いない。
 会談約3時間半前。トランプ氏は「事務方の事前準備はうまくいった。でも、そんなことは関係ない。本当の取引はこれからだ」とツイート。会談成功に自信を見せたが、朝鮮半島の完全非核化では4月の南北首脳会談で合意した「板門店(バンムンジョム)宣言」を超える具体策は盛り込めず会談を急ぐあまりの拙速感はぬぐえなかった。
 トランプ氏は「金委員長は(過去に米国大統領との関係に)『ここまで深く入り込んだことはなかった』と言ってくれた」と、約束を担保する材料として首脳同士の信頼関係を挙げた。
 だが、ロシア疑惑を抱えながら11月の中間選挙を控えるトランプ氏が、歴史的会談の実現を急いだ側面は否定できない。米軍の軍事攻撃の可能性に追い詰められた正恩氏が、時間稼ぎのために首脳会談という賭けに出た可能性も濃厚だ。
 完全非核化の実現には、目標時期の設定や保有する核兵器の情報開示、国際機関による査察受け入れなどが最低条件。今後は、声明を空文化させないための実務協議の進展を、国際社会が強力に後押ししていくことが求められるだろう。