今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

「基地負担 分かち合って」ウチナーンチュ 心の痛み/1面

 f:id:a-tabikarasu:20180924083346j:plain 1面/2018.9.24

「基地負担 分かち合って」ウチナーンチュ 心の痛み(上)/1面

 沖縄県知事選の告示2日後の15日、歌手安室奈美恵さん(41)の最後のライブが行われた同県宜野湾(ぎのわん)市の沖縄コンベンションセンター。隣の宜野湾海浜公園にも、安室さんの歌声が聞こえることを願い、1000人以上が集まった。市内にある米軍普天間(ふてんま)飛行場はここから東へ約1. 5キロと近い。
 歓声や拍手が響く中、23年前の10月にも、この公園に来た人がいないか探した。1995年に起きた米兵による少女暴行事件に抗議し、8万5000人が集まったとされる県民総決起大会。地元の普天間高校の女子生徒が「軍隊のない、悲劇のない、平和な沖縄を返してください」と訴え、その様子が全国に流れた。
 妹やめいといた安室ファンの女性(56)に尋ねると、「あの時も来ました。繰り返し同じようなことが起きる。悔しいし、本当に腹が立った」と振り返った。
 女性の自宅は南隣の浦添市にある。「上空は普天間に向かうオスプレイやヘリが日常的に飛び、テレビの音もかき消される」。2004年に米軍ヘリが墜落した沖縄国際大も近くにあり、事故の翌年に子どもが入学した。いつ落ちるかと、気が気でなかった。
 「沖縄だけに7割も(米軍専用施設を)押しつけるのは差別そのもの。普天間は撤去してほしい。でも辺野古(へのこ)(沖縄県名護市)じゃないでしょ。辺野古に移しても同じこと。絶対ダメです。基地を分かち合いましょうよ」と訴えた。
 4年前、辺野古移設反対を訴えた翁長雄志(おながたけし)氏が知事に就任後、菅義偉(すがよしひで)官房長官は4カ月、面会に応じなかった。その後、翁長氏が仲井真弘多(なかいまひろかず)前知事の埋め立て承認を取り消すと、国は県を提訴し、全国から海上保安庁職員や機動隊員を集めて反対運動を排除。選挙の結果を無視して、強引に移設を推し進めてきた。
 那覇市に住む女性で、ライターの知念ウシさん(52)は「政府が求めている答えはただ一つ。『辺野古OK。あきらめました。受け入れます』。沖縄は『辺野古NO』という答えを出しているのに、選挙なりなんなりで、それ以外の答えを求めてくる」と話す。
 元沖縄市長の東門(とうもん)美津子さん(75)が5年前、東京・銀座で那覇市長だった翁長氏らと、普天間飛行場の県内移設を断念するよう訴えたとき、沿道から大きな声が聞こえてきた。激励だと思ったら「売国奴」「日本から出て行け」と書かれたプラカードに目を奪われた。
 「えっ、沖縄って、こういうふうに見られているの」。日本の安全を守るためというなら「負担をかけていますね」と言われると思っていた。「ところが全然逆じゃないですか。とても信じられなかった。今もずっと残っています」 <略>