今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

私説・論説室から「自民党、何か感じ悪い?」

 f:id:a-tabikarasu:20181001180915j:plain 1面/2018.10.1

私説・論説室から「自民党、何か感じ悪い?」/5面

 自民党総裁選で3選を決め、任期がさらに3年延びる安倍晋三首相が、近く閣僚と党役員人事を決める。「まさか」と思わずのけぞりそうなご仁や、常識的にはあり得ない人の閣僚任命が取り沙汰されている。
 3年前、石破茂氏が「『自民党、何か感じ悪いよね』と国民の意識が高まった時は危機だ」と語ったが、そのころよりも「感じ悪いよね」と思う国民は多いのではないか。
 いささか旧聞に属するが、麻生太郎副総理兼財務相野田聖子総務相は不祥事の責任を取るため、相次いで閣僚給与1年分(約170万円)を自主返納して幕引きにした。
 麻生氏は、国税庁長官事務次官という官僚トップの部下2人が辞任。さすがに大臣の辞任も不可避かと思いきや、まるで人ごとのような態度で続投。野田氏は情報公開制度を所管する立場でありながら、報道機関が請求した内容を知らされ、対処を誤った。民主主義の根幹である「国民の知る権利」をゆがめたのに麻生氏と同じ処分で続いた。
 「この国はいつから、閣僚給与を自主返納すればすべてが免責されるような無責任な世の中になったのか」と思ったものだ。野田氏の処遇は不明だが麻生氏は続投方針という。<略>

 

オスプレイ横田正式配備 米空軍の5機 沖縄以外で初/1面

 米空軍の垂直離着陸輸送機CV2オスプレイ五機が一日、米軍横田基地(東京都福生市など)に正式配備となる。オスプレイの国内配備は、米海兵隊のMV22、24機が普天間飛行場に配備されている沖縄以外で初。CV22は特殊部隊を運んで敵地に潜入させるのが主な任務で、首都の横田が特殊作戦の拠点となる。 (辻渕智之)

 配備は来秋以降とされていたが、米軍が4月に前倒しを発表した。5機は、沖縄にある米空軍嘉手納(かでな)基地の第353特殊作戦群の第1分遣隊に所属。2024年ごろまでに計10機、要員約450人の態勢となる。
 米軍は「地域有事への対応能力を増し、特殊部隊に無類の速度と多機能性を提供する」と強調する。 <略>

東京新聞:オスプレイ横田正式配備 米空軍の5機 きょう沖縄以外で初:社会(TOKYO Web)