今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

「新基地造らせぬ遺志継ぐ」沖縄知事に玉城氏

 f:id:a-tabikarasu:20181002094200j:plain 1面/2018.10.2

本庶氏 ノーベル賞 医学生理学賞 がん免疫治療法/1面

 スウェーデンカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を、がんの新しい治療法を切り開いた本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)と、米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)に贈ると発表した。授賞理由は「免疫の働きの低下を防ぐがん治療法の発見」。治療の可能性を大きく広げたことが評価された。医学生理学賞は一昨年の大隅良典・東京工業大栄誉教授に続き日本人で5人目。日本人のノーベル賞受賞者は26人となった(受賞時米国籍の2人を含む)。

 アリソンさんは1995年、免疫の主役の一つで白血球の一種であるT細胞の活動を抑える「CTLA-4」というタンパク質が、T細胞の表面についていることを発見。本庶さんは98年、別の「PD-1」というタンパク質がT細胞を止めることを発見した。2つはいわば免疫にブレーキをかけるスイッチだ。がん細胞はこのスイッチを押してT細胞の攻撃を免れていた。 <略>

東京新聞:本庶氏ノーベル賞 医学生理学賞 がん免疫治療法、新薬オプジーボに:社会(TOKYO Web)

 

 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設に伴う名護市辺野古(へのこ)の新基地建設に反対する玉城(たまき)デニー氏が初当選した県知事選から一夜明けた1日、政府は新基地建設を進める方針をあらためて示した。一方、玉城氏と話し合いを模索する考えも表明。玉城氏も政府との対話に前向きな意向を示した。(篠ケ瀬祐司)

 知事選で、政権は前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏を全面支援し、敗北。玉城氏の得票は39万票を超え、過去最多だった。投票率は63.24%で、2014年の前回を0.89ポイント下回った。 <略>

東京新聞:「新基地造らせぬ遺志継ぐ」 沖縄知事・玉城氏、対話前向き:政治(TOKYO Web)