今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

戦時の性暴力 撲滅訴え 2人にノーベル平和賞

 f:id:a-tabikarasu:20181006141401j:plain 1面/2018.10.6

戦時の性暴力  撲滅訴え 2人にノーベル平和賞/1面

 【ロンドン=沢田千秋】ノルウェーノーベル賞委員会は5日、2018年のノーベル平和賞を、紛争地域での性暴力撲滅に取り組むコンゴ(旧ザイール)のデニ・ムクウェゲ医師(63)と、過激派組織「イスラム国」(IS)に性奴隷として拘束され生還したイラク出身の活動家ナディア・ムラドさん(25)に授与すると発表した。女性の性被害を訴える「#MeToo」(「私も」の意)運動の世界的高まりを受け、委員会は問題を直視する重要性を国際社会に投げかけた。

 委員会のレイスアンデルセン委員長は授賞理由に「戦争の武器としての性暴力終結に向けた努力」を挙げ、「自身を危険にさらしながらも、紛争下の性被害を明るみに出し、加害者の責任を厳しく追及してきた」と説明した。
 ムクウェゲさんは1999年、コンゴ東部の紛争地域に婦人科医院を設立。性被害に遭った女性ら5万人以上を時に無償で診療した。「正義は全ての人の責任」を信条に、国際社会すべてが戦争犯罪に立ち向かう責任があると説いた。対策が不十分としてコンゴ政府や他国も繰り返し非難。武装勢力の襲撃を受けたこともあった。
 ムラドさんはイラク北部出身のクルド民族少数派ヤジド教徒。2014年、ISの襲撃に遭い、家族を虐殺された。自身は性奴隷として拉致され、繰り返しレイプや拷問を受けた。脱出後、国連安全保障理事会など公の場で、紛争で犠牲になる女性の現状を訴えている。 <略>

東京新聞:戦時の性暴力 撲滅訴え 2人にノーベル平和賞:国際(TOKYO Web)

 

米、対日交渉は「FTA」 農産品「日欧EPA以上」要求/1面

 日米両政府が9月末に合意した貿易協定交渉を巡り、トランプ米政権が日本に揺さぶりをかけてきた。日本は新協定を自由貿易協定(FTA)と位置付けず、関税交渉では従来の経済連携協定(EPA)の水準が最大限と主張するが、米高官はことごとく否定。安全保障を絡めて「米国第一」の要求をのませる強硬姿勢を打ち出しており、年明けに本格化する交渉は、日本が防戦一方となりそうだ。
 ペンス米副大統領は4日の演説で「日本と歴史的なFTAに関する交渉を間もなく始める」と明言した。日本は米国と交渉する協定は「物品貿易協定(TAG)であって包括的なFTAとは異なる」と主張し、食い違いが表面化した。
 また、パーデュー米農務長官は同日、日本が欧州連合(EU)と結んだEPA水準以上の農産品関税の引き下げを求めると記者団に表明。日本が安全保障面で米国に依存していることにも言及し、外交問題を絡めたディール(取引)を迫る姿勢も示唆した。