今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

「新基地阻止 遺志継ぐ」玉城知事、沖北相に反対明言

 f:id:a-tabikarasu:20181010161152j:plain 1面/2018.10.10

「新基地阻止  遺志継ぐ」玉城知事、沖北相に反対明言/1面

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設に伴う名護市辺野古(へのこ)への新基地建設に反対し、8月に膵(すい)がんのため67歳で死去した翁長雄志(おながたけし)前知事の県民葬が9日、那覇市の県立武道館で営まれた。玉城(たまき)デニー知事は式辞で「(翁長氏は)埋め立て承認の取り消しなど、あらゆる手法を駆使して新基地阻止に取り組んだ。県民は遺志を引き継ぐ」と重ねて表明。就任後、安倍政権の閣僚では初となる宮腰光寛沖縄北方担当相との会談にも臨み、新基地に反対する考えを直接伝えた。(妹尾聡太、島袋良太) <略>

東京新聞:「新基地阻止の遺志継ぐ」 玉城知事、沖北相に反対明言:政治(TOKYO Web)

 

官房長官「現状是認できず」「帰れ」「うそつけ」怒りの声/1面

 翁長雄志・前沖縄県知事の県民葬では、参列した県民から、安倍晋三首相の追悼の辞を代読した菅義偉(すがよしひで)官房長官に「帰れ」などと怒りの声が飛ぶ一幕があった。名護市辺野古で新基地建設を進めながら「沖縄の基地負担を軽減する」と繰り返す政府の姿勢に対し、県民の不満が噴出した。 <略>

東京新聞:官房長官「現状是認できず」 「帰れ」「うそつけ」県民怒り:政治(TOKYO Web)


「加計氏会見  ふに落ちぬ」愛媛県知事  一層の説明要求/1面

 愛媛県中村時広知事は9日、県庁で記者会見し、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が運営する岡山理科大獣医学部愛媛県今治市)の新設問題で加計孝太郎理事長が安倍晋三首相との面会を改めて否定した7日の記者会見について「全部ふに落ちたかと言えばそうではない」と述べた。一方で「自ら会見に臨んだことは率直に評価したい」と話した。=社説5面

 学部新設のプロセスが「加計ありき」だったとの疑念に対し、中村知事は会見で「設置の認可に至る問題は、今後とも説明責任を果たしてほしい」と強調。学園側には一層の説明が必要との認識で、疑惑の幕引きには至らなかった。 <略>

東京新聞:「加計氏会見 ふに落ちぬ」 愛媛知事、一層の説明要求:政治(TOKYO Web)