今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

米、日本に為替条項要求へ 円安誘導阻止狙う

 f:id:a-tabikarasu:20181016114548j:plain 1面/2018.10.14

米、日本に為替条項要求へ 円安誘導阻止狙う/1面

 ムニューシン米財務長官は13日、日本との新たな通商交渉で、為替介入をはじめとする意図的な通貨安誘導を阻止する「為替条項」の導入を要求すると表明した。円安ドル高への不満が背景。日本は協議には応じる見通しだが、円相場が急変動した場合に通貨政策の自由度が損なわれかねないとして導入に反対で攻防は必至だ。来年前半にも本格的に始まる2国間の「物品貿易協定(TAG)」交渉の火種になる。=他国に足かせ3面

 ムニューシン氏は訪問先のインドネシア・バリ島で記者団に「今後の貿易協定に為替条項を盛り込むことが目標だ」と述べた。トランプ米政権は北米自由貿易協定(NAFTA)見直しでカナダとメキシコに為替条項を認めさせ「為替介入を含む競争的な通貨切り下げを控える」と明記した。ムニューシン氏は、これが日本との貿易協定でモデルになると説明した。
 トランプ政権が為替条項を迫るのは、TAG交渉で日本に農産物などの関税引き下げを認めさせても、円安ドル高が進めば相対的に関税引き下げの効果が減り対日輸出を増やす障害になると懸念しているためだ。<略>