今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

トランプ共和 下院敗北 「米国第一」に厳しい審判

 f:id:a-tabikarasu:20181110212630j:plain 1面/2018.11.8

トランプ共和  下院敗北 「米国第一」に厳しい審判/1面

 【ワシントン=石川智規】米中間選挙は6日投開票され、「米国第一」を掲げるトランプ米政権と共和党は上院で多数派を確保した一方、下院は過半数割れとなり、民主党に敗北した。民主党は8年ぶりに下院を奪還し、上院と下院の多数派が異なる「ねじれ議会」が復活する。政策実現には民主党の協力が不可欠となり、トランプ氏は内外の政策運営で難しいかじ取りを迫られる。
 今回の選挙では、上院(定数100)の3分の1に補選を含めた35議席、下院(定数435)は全議席が改選された。
 米メディアによると、7日午前10時(日本時間8日午前零時)現在、下院は民主党が222議席を固めて過半数218)を突破した。共和党は199議席が当選確実。
 上院は共和党が51議席を固めたのに対し、民主党が45議席共和党はテキサスやテネシーなどの激戦州を制したほか、インディアナノースダコタでは民主現職から議席を奪うなどし、過半数を維持した。
 民主党下院トップのペロシ院内総務は6日夜、支持者らを前に「米国は明日から新しい日になる」と勝利宣言。下院奪還により「トランプ政権へのチェックとバランス機能が復活する」と意義を説いた。
 一方、トランプ氏は選挙結果を受け、6日夜のツイッターに「とてつもない成功だ」と投稿。7日朝にも投稿を連発し、「もし民主党が下院で納税者のお金を無駄な調査に使うなら、われわれは上院で彼らの極秘情報を調べることを考えざるを得ない。双方のゲームだ!」と挑発した。
 米紙ニューヨーク・タイムズによると、今回の中間選挙での期日前投票は約3900万人となり、前回2014年の2700万人を大きく上回った。フロリダ大などの研究チームの推計によると、投票率は47. 3%で過去50年間で最高水準とみられる。

東京新聞:米中間選挙 トランプ共和、下院敗北 「米国第一」に厳しい審判:国際(TOKYO Web)

 

分断社会  溝の深さ露呈 (アメリカ総局長・後藤孝好)/1面

 トランプ米大統領が「私への国民投票」と自ら信を問うた6日の中間選挙は、民主党が下院を奪還して独善的な政治手法に待ったをかけた。民主主義が一定の修復力を示したといえるが、上院過半数を維持したトランプ氏への白人層の支持も底堅く、米国第一主義はさらに先鋭化するに違いない。米国発の排外主義や保護主義といったポピュリズム大衆迎合主義)のうねりは止まらない。
 大統領自ら「民主党は頭がおかしい。ギャングを流入させる犯罪の党だ」と憎悪や敵意を助長する前代未聞の選挙戦は、人種や宗教、党派の違いで分断された米社会の亀裂の深さを露呈した。
 トランプ氏の熱狂的な支持者の男は、オバマ前大統領ら民主党有力者やCNNなど政権に批判的な勢力に爆発物を郵送。人種差別的な言動に触発された反ユダヤの男は、シナゴーグユダヤ教会堂)で銃を乱射して十一人を殺害する事件まで起こした。
 白人至上主義者が増長し、移民やマイノリティー(少数派)への憎悪犯罪ヘイトクライム)は後を絶たず、移民排斥や反グローバリズムで支持を得る愛国主義が連鎖する。 <略>