今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

本音のコラム 「エスカレーターは歩かない」 宮子あずさ

 f:id:a-tabikarasu:20181224093440j:plain 1面/2018.12.24

本音のコラム 「エスカレーターは歩かない」 宮子あずさ/23面

 JR東日本は現在、東京駅でエスカレーターの歩行をやめるように呼びかけている。テレビのニュースではこの映像が、賛否の声と共に流されている。「安心して乗れる」と歓迎する声もあれば、「急いでいる時は歩きたい」と反対の声もある。
 同じ意見の人も多いと思うが、私は以前から、2列で乗るエスカレーターの片側を、歩く人のために空けておくのはおかしいと思っている。
 一番の理由はそれが完全に強者優先の論理だから。この乗り方では子どもや障がいのある人を並んで支えられない。また、身体の片側に麻痺(まひ)があり、空けるべき側にしか立てない人もいる。先を急ぐ強者のために、こうした人たちが怖い思いをする。こんなルールは絶対に間違っている。
 そしてもうひとつの理由は、それが理にかなっていないからだ。片側1列を空けるために列ができてしまう。結局2列で止まって乗った方が、多くの人が早く移動できる。これについてニュースの中でも実験が行われ、証明されていた。
 しかし、ここまで片側を空けないほうが良いとわかっていても、私は空けるべき右側に一人で立つ勇気がまだない。手始めに夫婦で出かける時、二人で手を繋(つな)いで並ぶことから始めるつもり。
 舌打ちされようと、怒られようと。これは看護師という仕事を選んだ者として、やらねばならぬと思う。 (みやこ・あずさ/看護師)

 

幼保無償化  保育士ら6割超「反対」/24面

 来年10月に実施予定の幼児教育・保育無償化に対し、民間アンケートで、保育士と幼稚園教諭の七割近くが「反対」と回答した。保育の利用申し込みが増えて現場の業務も増加し、「保育の質」が低下することを懸念している。
 調査は、保育士の就職支援サイトを運営するウェルクス(東京都)が9月にインターネットで実施。保育士・幼稚園教諭の資格を持つ全国の20~60代の男女687人が回答した。
 「無償化をどう思うか」との質問に67・1%が「反対」、32・9%が「賛成」と答えた。反対と答えた人に「不安に思うこと」を聞いたところ「業務負担の増加」「保育の質低下」「待機児童の増加」が多かった。
 無償化よりも必要なことを聞くと「保育士の確保」(82・8%)「保育園の増設、定員枠の拡大」(30・2%)などが挙がった。 <略>

東京新聞:幼保無償化 6割超「反対」 保育士・幼稚園教諭「利用増え質低下」:社会(TOKYO Web)