今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

本音のコラム 「同性婚を認めない?」 前川喜平

本音のコラム  「同性婚を認めない?」  前川喜平/25面

 日本記者クラブで行われた7党首討論会。「LGBTに法的権利を与えることを認めるか」との質問に対し、野党の党首は全員手を挙げたが、与党の安倍自民党総裁と山口公明党代表は手を挙げなかった。質問者は渋谷区や茨城県に言及していたから、「法的権利」とは同性婚のことだろう。これらの自治体では同性婚に代わる同性パートナーシップを制度化している。手を挙げなかった安倍氏は質問者に対し「単純化してショーみたいにするのはやめた方がいい」「印象操作するのはやめてもらいたい」などとかみついていた。
 現在、同性婚を法的に認めている国・地域は26ある。2000年のオランダが世界初で、多くの先進国が続いた。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、カナダ、オーストラリア、スウェーデンデンマークフィンランドなど。ブラジルやアルゼンチンなど南米の国も入っている。5月には台湾が同性婚を認めた。
 南アフリカは06年に同性婚を認めたが、そこには憲法の裏付けがある。同国で1996年に制定された憲法には、性的志向による差別を禁じる明文規定があるのだ。憲法改正の議論をするなら、こういう規定をいれるかどうかという議論こそするべきだろう。人類の進歩に追いつけない与党指導者の姿がとても残念だった。 (まえかわ・きへい/現代教育行政研究会代表)