今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

本音のコラム 「無知と怠慢の果て」 北丸雄二

本音のコラム 「無知と怠慢の果て」 北丸雄二/25面

 人口の37%を外国出身者が占めるニューヨーク市は9月末、「国へ帰れ!」などの出身地差別をした者へ最高25万ドル(2700万円)という巨額の罰金を科すことにしました。トランプが大統領になってから彼に後押しされるようにこの種の差別・憎悪事案が増え、こうした発言は差別の歴史を知った上での、確信犯のレベルだと判断されるからです。
 一方、日本で差別発言があるたびに言われるのが「差別の意図はなかった」という言い訳です。
 先月、テニスの「大坂なおみ選手に必要なもの」として「漂白剤。あの人、日焼けしすぎやろ」という漫才がネットで炎上しました。さらに「猿とエッチしたらエイズになるわ」「黒人が触ったもの座れるか!」などの漫才も非難の的にー。
 すると案の定、「黒人差別は日本では身近じゃない」「日本人には差別の感覚がない」からこれらは「本物の差別ではなく無知から生じた発言なのだ」という擁護論が出ました。大坂選手は1月にもCMイラストで肌を白く描かれたのが人種差別と指摘されたばかりです。日本人は一体いつになったら「無知」じゃなくなるんでしょう?
 無知のままで赦(ゆる)されるのは子供だけ。大人の無知はすでに罪です。ましてその無知を言い訳にするのは怠慢も加えた二重の罪の告白です。まずはそれを肝に銘じましょうよ。 (きたまる・ゆうじ/ジャーナリスト)