今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

本音のコラム 「嘘から出てきた実」 北丸雄二

本音のコラム 「嘘から出てきた実」 北丸雄二/25面

 今日の午後にも4者協議で結論が出る五輪マラソン札幌案で、どうにもわからないのは「最後の段階まで相談も議論もなかった」と苦言を呈する小池都知事の怒りが、一体どこに向けられているのかということです。
 そりゃ誰だって相談もなく頭ごなしに既定路線を変えられたら頭にきます。でも、そもそもなぜ変えられたのかが問題の核心。それがもっともな理由ならゴネるのは(心情はわかりますが)みっともない。そしてその核心とは、東京の夏は「温暖でアスリートに最適」と言って招致した「嘘(うそ)」のことです。
 私たちはみな東京の8月が「温暖」などではないことを知っています。「マラソンしたら死ぬぜ」とマジで話していました。だから300億円もかけて道路舗装に手を加えたり打ち水をしようなどとさえ呼びかけられ、同時に、そんなのは文字通り「焼け石に水」だとも知っていました。
 小池さんが怒るべきはその最初の嘘に対してであり、その嘘の責任者です。でもエラい人たちは誰も(「福島はアンダーコントロール」という復興五輪の嘘にも)それを咎(とが)めない、謝らない。
 開催時期の縛りや競技規則の勝手な変更など、五輪は常に「頭ごなし」でした。札幌移転費用のゴタゴタであらためてカネの問題も再燃するー。嘘から出てきた実(まこと)の姿にたじろぐ東京の11月です。(きたまる・ゆうじ/ジャーナリスト)