今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

黒川氏人事、法務省が提案 首相、ネット番組で

黒川氏人事、法務省が提案 首相、ネット番組で/2面

 首相官邸の介入が取り沙汰される黒川弘務・東京高検検事長の定年延長に関し、安倍晋三首相は、法務省側が提案した話であって、官邸側はこれを了承したにすぎないとの説明に乗り出す構えだ。検察官の定年に関する従来の法解釈を変更し行ったと説明している異例の人事は、あくまでも同省の意向に基づくと主張し、理解を求める。
 黒川氏の定年延長を法務省が持ち出したとする説明は、首相が15日のインターネット番組で言及した。検察幹部の定年延長を含む国家公務員法改正案の衆院内閣委員会採決を控え、問題の発端となった黒川氏人事への政治介入を明確に否定することで、検察庁の独立性が揺らぎかねないと反発する世論の沈静化を図る狙いがあるとみられる。
 ただ説明を巡っては「法解釈を変えなければ実行できない人事案を役所がいきなり持ってくるという話は、常識的には考えにくい。官邸側と擦り合わせているとみるのが自然」(政府筋)と疑問視する声が漏れる。事実関係を巡り首相が野党から追及を受ける展開も予想される。
 首相は15日にジャーナリスト・桜井よしこ氏のネット番組で、黒川氏の定年延長は法務省が提案したのかと問われ「全くその通りだ。検察庁も含め、法務省が『こういう考え方でいきたい』という人事案を持って来られ、われわれが承認するということだ」と明言した。官邸の介入に関し「それはもうあり得ない」と強調した。<略>

東京新聞:<#ウォッチ 検察庁法改正案>黒川氏人事「法務省が提案」 首相、ネット番組で言及:政治(TOKYO Web)