今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

本音のコラム「続・安倍政権」斎藤美奈子

本音のコラム「続・安倍政権」斎藤美奈子/25面

 2007年9月、第一次安倍晋三政権が退陣したときには、のどに刺さった小骨がとれたような解放感があった。そんな気分に今度はなれない。なぜなのだろう。
 ひとつは、小骨がのどに残した傷があまりに深くて大きいことだ。
 特定秘密保護法、安保法、共謀罪を含む改正組織犯罪処罰法など、反対の声が多かった法律を強引に通したうえに、政権の後半はスキャンダルの嵐だった。
 もうひとつは「次期政権」の問題である。
 もっか「ポスト安倍」に最有力候補は安倍政権の立役者たる菅義偉官房長官。いわばA級戦犯だ。次にできるのはつまり「続・安倍政権」で、自浄作用は望めない。ところがメディアは「じつはこんなに親しみやすい苦労人」というゴマすりキャンペーンをもうはじめている。忖度(そんたく)報道を続けてきたことへの反省はないってことだ。
 「まったく問題ない」「そうした指摘にはあたらない」「仮定の質問には答えられない」「コメントは差し控えたい」。こんな調子で「続・安倍政権」もいくのだろうか。だとすれば不人気で短命に終わるのは必至。次の総選挙後に本命登場となる公算が大きい。
 安倍政権を「史上最悪だった」と評する人もいるけど、判断はまだ早い。次なのか、次の次なのか。「続・最悪」がないという保証はないのである。(さいとう・みなこ/文芸評論家)

<ブログコメント>8月29日の「安倍首相退陣」記事の付録4です。