今日の東京新聞

購読している東京新聞の記事を紹介します。読者の応援ブログです。

本音のコラム「不正に怒らぬ有権者」三木義一

本音のコラム「不正に怒らぬ有権者」三木義一/21面

 安倍首相が病気を理由に辞任を表明した。決して、彼が種々関与した不正に対する国民の怒りが爆発して辞任に追い込まれたわけではない。
 世論調査では早く辞めすぎたと言うのが10%以上もいる。内閣支持率が30%以上もあり、なお与党に投票するという人が4割以上いる。「悪夢」を見ているような恐ろしい数字だ。権力を握った者が不正をしないように監視し、公約を実現するように見守るのが、民主主義社会の有権者のはずだが、イデオロギーやスローガンさえよければ、権力を不正に行使しても許し、もしくはその不正を指摘する者を非難し、スローガンに酔いしれる選挙民。
 彼らからすると、安倍首相は国民のために一所懸命努力したために病気になった可哀想(かわいそう)な首相のようだ。だから、こんなに頑張った人に『お疲れ様』の一言も言わないマスコミを批判する。そのマスコミも辞めた首相をもう追わず、首相在任中の不正は闇から闇へ消され、不正に関与した官僚達は無事出世し、反省する機会もないだろう。
 こういう人たちがなんの反省もなく、また次のリーダーを選ぶ。公正な人物が選ばれる余地などなさそうだ。
 国民が主権者として自らの政府を作ることができるようになってからもう74年。いまだに気づかぬ有権者達。政府の真逆が府政(ふせい)であることを。(みき・よしかず/青学大名誉教授) 
 注:「府政」は、ここでは「政府本来の政治」の意味か。

<ブログコメント>8月29日の「安倍首相退陣」記事の付録5です。これで終わります。